浅柄野マスカットベリーA 【赤/日本/山梨県/お取り寄せ商品】


太田道灌の末裔にあたる蔵元が造る

自社畑収穫葡萄のみで単一品種で醸造されたヴィンテージワイン

滋賀県栗東市に位置する、将来有望な注目のワイナリー



※以下蔵元HPより引用

■琵琶湖ワイナリーついて

近江「湖南アルプス」の麓になだらかに広がるブドウ園は、琵琶湖をわたる涼やかな風と山懐に抱かれた地形がヨーロッパの自然に似て、品種も欧州系高級種のブドウが豊かに穣るところです。


弊社がワイン造りを志したのは昭和19年のことです。葡萄栽培に最適な土壌づくりを目指して、滋賀県栗東市浅柄野の広大な荒蕪地を開墾し、表土と底地を取り替える天地返しの大工事を成し遂げた結果、見事完成した理想的な葡萄園が当、琵琶湖ワイナリーです。


琵琶湖ワイナリーのブドウ 昼夜の温度差が激しく日照の良いブドウ畑で、除草剤をいっさい使わずに 徹底した有機農法によリ丹精こめた栽培を行っています。 ここで生み出されるワインはお客様より高い評価を受け、ご愛飲を受けております。


■ワイナリーを訪問して

琵琶湖周辺でワイン?!と思われる方も多いかもしれません。確かに長野や山梨、北海道に比べれば、滋賀県産ワインの知名度は高いとは言えません。気候、土壌もそれらの産地の優位性は否定できません。


ただ、このワイナリーには真摯にブドウ栽培、ワイン醸造に取り組む「情熱」が感じられます。それはトップである太田社長からひしひしと伝わってきます。今までの食用も栽培していましたが完全にワイン用ブドウのみの栽培に移行。ワイナリーもより専門的で美しい建物にリニューアルし、その気合のほどがうかがえます。私たちがワイナリーを訪ねた時も、太田社長自ら熱く語っていただきました。


また歴史の長い酒造メーカーでもあるため、しっかりとしたバックアップもあります。フランス・ボルドーの著名なシャトーがそうであるように、しっかりとした設備投資や人材への投資ができるシャトーが劇的に品質を上げたり、低迷していたシャトーがよみがえる、という話はよく耳にします。琵琶湖ワイナリーもまさに昨今、本腰を上げてワインに取り組み始めています。今後近い将来、国内屈指のワイナリーになることでしょう!!


■生産地 日本/滋賀県・栗東市
■造り手 琵琶湖ワイナリー
■葡萄品種 自社畑・マスカットベリーA(100%)
■飲み口 辛口
販売価格 1,200円(税込1,296円)
在庫数 お問い合わせください
SOLD OUT

About the owner

店長 岩瀬


J.S.A認定
シニアワインアドバイザー

Top