ヴュルツブルガー シュタイン グローセス・ゲヴェックス 【ドイツ最高ランク・辛口ワイン】


フランスのグランクリュにあたる最高級畑から造られた最上の辛口ドイツワイン
フランケン地方屈指の銘醸畑ヴュルツブルグ村のシュタイン



■スタートリッヒャー・ホーフケラーについて(輸入元の資料より引用)

18世紀初め、ヴュルツブルグの町に、野心を抱いた新しい司教が現れます。ヨハン・フィリップ・フランツ。彼は、就任早々、司教の館を、市街地の中へ移す計画に着手します。莫大な財力を費やし、豪華な宮殿を建設するよう命じたのです。その際に最も重要視されたのは、”最高のワインセラーを備えていること”でした。その建築を指揮したのがバロックおよびロココの最も重要な建築家の一人であると考えられている建築家、バルタザール・ノイマンでした。やがてノイマンは多くの権力者達が羨む司教館を築き上げることになります。この宮殿は、北アルプス地方のバロック建築の中で最も重要な建物の1つです。広大な庭園に囲まれ、華麗な建築様式、ヴェネチア出身の画家 ジョバンニ・バティスタ・ティエポロによるフレスコ画が残されています。


また、キャンドルライトに照らされた回廊と丸天井のあるこの場所は、世界で最も印象深いワインセラーといえるでしょう。毎年ここで開かれるワインテイスティングやコンサートなどの文化的イベントは、世界中のワイン愛好家を魅了し続けています。現在このレジデンスの地下には、フランケン地方としては最も大きく古いワイン生産者のひとつ、州立醸造所スタートリッヒャー・ホーフケラーがあります。この醸造所は、恵まれた最高の立地条件の下にある広範囲にわたる著名な畑を数多く所有しています。そのひとつが、今回ご紹介するヴュルツブルガー・シュタインです。


■ヴュルツブルガー シュタイン グローセス・ゲヴェックスの味わい

しっかりと完熟したブドウに由来する、かなり濃い黄金色。リンゴや貴腐を思わせるハチミツのような甘さとハーブのような風味が見事に調和した味わいです。等級はワイン法上の理由から単なるクーベーアーですが、内容はドイツのグラン・クリュにしていされた限りある畑から厳選され収穫された、最上の葡萄を用いたワインです。


店長自身もこのワインを何度か飲んでいますが、飲むたびに感動します。香りは一瞬貴腐ワインのような甘さを連想させるのですが、飲んでみるとボリューム感こそあれ、しっかりと上品な辛口ワインに仕上がっています。シャルドネなどと違い、バリックや樽などで風味やボディを付け加えることはないので、畑とブドウの力によってのみできた、正真正銘の上質な辛口ワインです。これこそグランクリュと呼ぶべき崇高な味わい。


ドイツファンのみならず、ブルゴーニュがお好きな方にもぜひ一度体験していただきたい逸品です。


産地:ドイツ/フランケン地方
蔵元:スタートリッヒャー ホーフケラー
品種:リースリング
販売価格 3,300円(税込3,564円)
在庫数 お問い合わせください
SOLD OUT

About the owner

店長 岩瀬


J.S.A認定
シニアワインアドバイザー

Top