K16AK_CL(旧四恩醸造・共栄堂2017年秋リリースのクレーレ)  【赤/日本/山梨県】

■元四恩醸造・小林氏の新しい一歩

このワインは2015年産を最後に惜しまれつつ生産を終了した四恩醸造で、栽培・醸造責任者として腕をふるっていた小林剛士氏が造る新たなワイン。現在は牧丘町の三養醸造さんの施設を間借りしてワインをリリースしています。葡萄を供給しているヴィニュロンはこれまでどおりですが、醸造設備が変わることにより、以前とはまた違った風合いを感じるような気がします。いずれにせよ、小林さんの情熱、思いはそのままに、独自のスタイルを貫く魅力的なワインであることには変わりません。生産本数は大変少ないですが、日本国産のワインとしては並外れたコストパフォーマンスにあふれたこのワインたちにご興味がある方、お早めにどうぞ。


以下小林氏のコメントより・・・

こげ色を伴った薄紅色。きらめきもありますが、少し粒子感も見えます。スグリのような軽めの果実香とパッションフルーツやライチの香りも見えます。スミレのような花の香りもしますが全体的に少なく軽めです。口中に入れると綿菓子にイチゴのシロップをかけたような香りが立ち上がり、若干舌の上にはオレンジピールのような苦味も捉えられます。暖めれば暖めるほど少々若取りの水耕栽培イチゴの感覚です。余韻は水の上に滑らかに走るイチゴソースの一線のような感じです。余韻はさわやかなイチゴ感。なかなか統一が取れています。

外の暑い中でのBBQで結構冷やし目で飲んでいいのかと思います。海産物であろうが肉であろうがエバラ焼肉のたれ黄金の味であろうが、すべて包括してくれると思います。香りが溜まり辛いので、ワイングラスがよいですね。 2016年は9月中下旬収穫のMBAをジュース仕込み(通常の白ワインの仕込み方)をベースに醸し発酵のMBAもあります。また、若干の巨峰も混醸しています。自然発酵した約半年の樽発酵樽熟成で亜硫酸を入れずに瓶詰めを行いました。


産地:日本/勝沼町
蔵元:共栄堂ワイン
品種:マスカットベーリーA、巨峰
販売価格 2,000円(税込2,160円)
在庫数 お問い合わせください
SOLD OUT

About the owner

店長 岩瀬


J.S.A認定
シニアワインアドバイザー

Top